*必須微量元素

中学生の時に習った 元素の周期律表 を憶えていらっしゃいますか?
Hは水素 Oは酸素 というように、元素は地球上のあらゆる物を構成している最小の物質です。

人の身体もすべて元素で作られています。
アミノ酸、たんぱく質、脂肪、糖などは 酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、カルシウム(Ca)、リン(P)の6種類の元素からなり、身体の98.5%を占めています。
次に多い元素は 硫黄(S)や マグネシウム(Mg)、体液に多く含まれる カリウム(K)、ナトリウム(Na)、塩素(Cl)となり、合わせて身体の99.3%を占め、これら11元素を常量元素といいます。

 

周期
しかし、この11種類の元素だけでは人の身体を健康に保つことはできなくて、残りの0.7%の中に微量ではあるが生命活動に不可欠な元素が含まれています。
鉄(Fe)、フッ素(F)、ケイ素(Si)、亜鉛(Zn)、ストロンチウム(Sr)などの24元素は微量元素(超微量元素)と呼ばれ、その中でも特に 鉄(Fe) 亜鉛(Zn) 銅(Cu) セレン(Se) ヨウ素(I) モリブデン(Mo) クロム(Cr) コバルト(Co) を 必須微量元素 と呼んでいます。