日本人の死因は、第1位:悪性新生物(がん) 第2位:心臓病、とあり、第3位:肺炎となっています。
肺炎による死亡者の約95%は65歳以上の高齢者です。

日常で罹患する肺炎は、細菌やウィルスなどが肺に入り込んで起こる肺の炎症です。それら最近の多くは人のからだや日常生活の中に存在しています。
高齢だったり糖尿病や喘息などの持病があったりして、抵抗力(免疫力)が弱くなった時などに感染を起こしやすくなります。

肺炎の予防

* 細菌やウィルスがからだに入り込まないようにする。
     マスク、手洗い、うがいをする。
     歯磨きなどで口の中を清潔にする。
     誤嚥を防ぐ。(誤嚥とは食べ物が気管に入ってしまうこと)

* 体の抵抗力を高める。
     規則正しい生活をする。
     禁煙をする。
     もともと持っている病気を治療する。

* 予防接種をする。
     肺炎球菌ワクチン インフルエンザワクチン

肺炎は発症後に急激に症状が進む場合があります。
発熱や風邪症状を軽く考えず、安静を保って適切に治療を受けましょう。