尿失禁とは、自分の意思に関係なく尿が漏れてしまう状態をいいます。
悩んでいる方がとても多いのですが、恥ずかしいので我慢しているケースがほとんどです。
原因や症状に応じて、体操やお薬などの治療法がありますのでご相談ください。

尿失禁には大きく4つの型があります。

「腹圧性尿失禁」

くしゃみや咳、重い物を持った時、急に立ち上がった時など、腹部に力を入れたときに尿が漏れてしまいます。女性に多く、骨盤内にある臓器を支えている「骨盤底筋群」が緩むために起こります。出産を契機に起こったり、高齢のために筋肉が衰えることが原因となります。

「切迫性尿失禁」

突然に尿意を感じ、我慢できずに漏れてしまう状態を切迫性尿失禁といいます。多くの場合、特に原因がないのに膀胱が縮んでしまい、急に尿意を感じたり失禁したりします。男性の場合は前立腺肥大症が原因となる場合もあります。

「溢流性尿失禁」

「いつりゅうせいにょうしっきん」と読みます。尿が少しづつ出てしまう状態です。尿を出したいのに出ない「排尿障害」があり、前立腺肥大症が原因となる場合が多く、男性に多いタイプです。

「機能性尿失禁」

尿を出す機能そのものに原因はなく、足が悪くトイレに行くのに時間がかかってしまって失禁する、あるいは認知症のためにおトイレにいけないような状態をいいます。

軽い腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋体操で尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を改善することで、効果が期待できます。切迫性尿失禁には、抗コリン薬やβ3受容体作動薬などのお薬があります。

 

——-お薬ちょっとメモ——-

プロピベリン塩酸塩錠(バップフォー錠)大鵬薬品

612590051_9275

抗コリン作用とカルシウム拮抗作用により膀胱平滑筋の異常収縮を抑制する作用を持つお薬です。通常、1日1回食後の服用で錠剤と細粒があります。副作用に口渇・便秘などがあります。国内使用実績の多い薬剤です。